借り換えはタイミングが重要!お得になる時期の見極め方!

- 時期を誤ると損をする

更新情報

時期を誤ると損をする


住宅ローンの借り換えは、時期を誤ると損をすることになります。
住宅ローンは、手続きが難しそうで、先延ばしにしていたり、
1度は考えても実際に動くことができなかったりする人もいます。

住宅ローンを借り換えるときの目安としては、固定期間の終了時が挙げられます。
住宅ローンには、固定金利期間と変動金利期間があります。
固定金利は、設定金利が高く、長期間の固定金利を組むことは難しい場合があるのです。
そのため、固定金利選択型という住宅ローンを組む人が多くいます。
固定金利選択型とは、一定期間だけ固定金利で、一定期間が過ぎると、変動金利に変更されるタイプの実質金利で選ぶ住宅ローンです。
変動期間の金利は、固定期間が終了してから、世の中の金利の状態を見て決定されます。

最近は金利が低い状態が続いています。
ですので、固定金利も割と低い金利で設定されています。
しかし、ひとたび金利が上昇してしまえば、上昇した金利での設定になるので、高い金利でしか住宅ローンを組めないことになります。
今は、まだ固定金利期間であっても、金利が低い今の段階で住宅ローンの借り換えをしておいたほうがお得になることがあるのです。
どうすれば、お得になるか考えて時期を選びましょう。
住宅ローン審査に落ちた人でも一括見積り可能です!

photo_001
住宅ローン(不動産担保型)|中央労働金庫

photo_002
金利比較ランキング+クチコミ<2014年4月>

Copyright(C)2014借り換えはタイミングが重要!お得になる時期の見極め方!All Rights Reserved.